| ヘモグロビンA1Cを下げて血糖値を正常に HOME |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘモグロビンA1c(hba1c)の基準値

ヘモグロビンA1c(hba1c)の基準値

ヘモグロビンA1cの数値によってその重症度の目安
がわかるのですが、その基準値は以下の通りです。

糖尿病学会では
    4.3~5.8%までが正常値

老人保健法では
    5.6%未満を正常
    5.6%以上5.9%以下を要指導
    6.0%以上を要医療
               を基準値としています。

つまりヘモグロビンA1cが6.0%以上の方は慢性的
な高血糖状態という事で糖尿病と判定されます。

このほかにもヘモグロビンA1cの数値が基準値より
離れることから疑われる疾患があります。

hba1cが低値の場合・・・溶血性貧血、肝硬変など
hba1cが高値の場合・・・腎不全やアルコール中毒
といった疾患が疑われます。

このようにヘモグロビンA1c数値から様々な事が
わかります。

できるだけ正常基準値に収まるように努力する必要
があります。


☆糖尿病についてのおすすめサイトはこちら
糖尿病について
パーソナルトレーナー機能改善の現場 生活習慣病

スポンサーサイト

サイトメニュー

ヘモグロビンA1c(hba1c) ヘモグロビンA1c(hba1c)とは
  hba1cの基準値

ヘモグロビンA1c(hba1c)を下げる
サプリメント
飲み物
食品
食習慣
運動 生活習慣
糖尿病の症状
糖尿病の症状

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

人気記事ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

参加中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。