ヘモグロビンA1c(hba1c)を下げるにはやっぱり腹八分目| ヘモグロビンA1Cを下げて血糖値を正常に HOME |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘモグロビンA1c(HbA1c)と血糖値

ヘモグロビンA1c(HbA1c)と血糖値

糖尿病は血液中にブドウ糖が多い状態です。

糖尿病の検査では一般的に血糖値
ヘモグロビンA1cの2つの検査
をします。

一つは今現在の血糖値です。

血液中のブドウ糖の量を測定しています。

空腹時血糖値の正常値は80~110mg/㎗
未満で、130mg/㎗以上で高血糖です。

もうひとつはヘモグロビンA1c(hba1c)です。

ヘモグロビンa1cは赤血球の中のヘモグロビンに付着
したブドウ糖の量を測定したものです。

ヘモグロビンA1cは過去の1~2カ月の血糖値の平均
が分かります。

糖はタンパク質とくっつきやすい性質をもっています。

血液中に多量の糖があるとタンパク質である
ヘモグロビンに付着してしまいます。

ヘモグロビンA1cははこの状態をみています。

ヘモグロビンA1cの値は5.8%未満で正常です。

しかしヘモグロビンA1cが7.0%以上だとかなり
険です。

糖尿病の検査で前日から食事を正して血糖値を下げ
てもヘモグロビンA1cを測定すればすぐに日頃の
不摂生がバレてしまいます。

またヘモグロビンA1cが高いと糖尿病の合併症も
引き起こしやすくなります。

こういったことからも糖尿病の改善には
ヘモグロビンA1cを下げることが何よりも重要です。

糖尿病についてのおすすめサイトはこちら
糖尿病について
パーソナルトレーナー機能改善の現場 生活習慣病

サイトメニュー

ヘモグロビンA1c(hba1c) ヘモグロビンA1c(hba1c)とは
  hba1cの基準値

ヘモグロビンA1c(hba1c)を下げる
サプリメント
飲み物
食品
食習慣
運動 生活習慣
糖尿病の症状
糖尿病の症状

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

人気記事ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

参加中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。