ヘモグロビンA1c(hba1c)を下げて血糖値を正常に| ヘモグロビンA1Cを下げて血糖値を正常に HOME | 足の痛み、しびれは合併症の証です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘモグロビンA1c(Hba1c)と五十肩の関係

ヘモグロビンA1c(Hba1c)と五十肩の関係

五十肩(肩関節周囲炎)といえばあまり糖尿病との
関係にピンとこない方が多いと思います。

詳しい関連性ははっきりしていないのですが、
糖尿病の方に五十肩(肩関節周囲炎)の方が多い
といわれています。

特にヘモグロビンA1c(Hba1c)の値と肩の炎症
が相関関係にあることがわかっています。

ヘモグロビンA1c(Hba1c)が高くなるほど炎症
もひどくなるのです。

これは逆もあるのですが、五十肩の炎症が強くなる
と血糖のコントロールが難しくなるのです。

いずれにしろ五十肩とヘモグロビンA1c(Hba1c)
のどちらかだけでも改善するともう片方も良くなる
ようです。

糖尿病の合併症には血管障害や神経障害といったものに
注意がいきがちですが、五十肩のような整形外科
疾患にも注意が必要です。

☆関連記事
糖尿病の症状

サイトメニュー

ヘモグロビンA1c(hba1c) ヘモグロビンA1c(hba1c)とは
  hba1cの基準値

ヘモグロビンA1c(hba1c)を下げる
サプリメント
飲み物
食品
食習慣
運動 生活習慣
糖尿病の症状
糖尿病の症状

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

人気記事ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

参加中


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。